Nandemo  Syouhin

LED植物育成ライト 80W相当 暖色 E26口金 フルスペクトラム 植物育成用ランプ 水耕栽培ライト 室内用ライト 省エネ 長寿命 ガーデニング 家庭菜園 園芸用品

LED植物育成ライト 80W相当 暖色 E26口金 フルスペクトラム 植物育成用ランプ 水耕栽培ライト 室内用ライト 省エネ 長寿命 ガーデニング 家庭菜園 園芸用品画像

LED植物育成ライト 80W相当 暖色 E26口金 フルスペクトラム 植物育成用ランプ 水耕栽培ライト 室内用ライト 省エネ 長寿命 ガーデニング 家庭菜園 園芸用品

商品説明
  • 「専門スペクトル比」—— LED植物育成ライトは個120の高品質LEDビーズで構成されています:102個全波段チップ380nm〜800nmで構成されている、それと、補助のLEDライト10赤630nm〜660nmおよび6青430nm〜460nmがあります。この植物育成ライトは太陽のような全光スペクトルがすべての波長が380nmから800nmまでの光を含むことを提供しているため、単一の赤色と青色のスペクトルよりも多くの高均一な光引領市場を提供します。植物が悪天候や暗い部屋で余分な光を必要とするとき、それは特に役に立ちます、商品は播種、発芽、栄養、開花に適しています。
  • 「省エネルギー機能が向上」—— LED植物育成ライトは、消費電力がわずか20ワットでありながら、従来の50ワットHPS/MH植物育成ランプの代わりに使用できます。リフレクターシリーズのライトより広い範囲を効果的にカバーします。発芽段階:(苗木/発芽の場合)植物の0.35m-0.45m上で、1日15〜18時間の照明をお勧めします。成長段階(栄養期間):植物の上0.35m-0.5で、1日15-18時間照明することをお勧めします。開花段階(開花期間)植物の0.3m-0.5m上で、1日12〜14時間照明することをお勧めします。産量段階:定期的に植物を観察し、植物のニーズに合わせて高さを調整します。0.5x 0.5フィートの栽培面積には1台のライトを使用するのが理想的です。
  • 「多く発熱ヒートシンクで冷却が向上」—— 当社のすべてのLED植物育成ライトは工場出荷前に温度試験に合格しています。当社の植物育成ライトは内蔵アルミニウム製ヒートシンク、航空機グレードの高熱伝導性鉄製ケースを装備。ランプの熱を内部から外部へすばやく放出し、LEDの過熱を防止して、ライトの耐用年数を延ばすことができます。
  • 「多機能で幅広い用途」——栽培コストを削減し、開花期間を延ばしましょう。果実の品質を向上させながら早期成熟を促進し、生産量を増やす。成長期を延長し、反季節栽培を達成しなさい。細菌や害虫の繁殖を抑制します。全体的な収穫量は20-50%%高くなり、通常より可溶性糖とビタミンCが10-20%、粗タンパク質が20〜30%多くなります。
  • 「優しいサービス」——当社は、優秀な研究開発チームを擁し、多数の試験装置を保有するプロフェッショナル向けLED植物育成ライトの製造業者です。当社のすべての植物育成ライトは工場出荷前に厳しい試験をクリアしています。連続の72時間でエージングテストに加え、300回の電流衝撃テストにより、100%の高品質製品を保証します。私たちは農民であり、数年間の研究開発と生産経験があり、 植物育成に関するアドバイスも提供致します。